女性でも分泌されている?





テストステロンは男性ホルモンですが、
女性にも分泌されています。

テストステロンは男性の性的衝動や性欲の亢進だけでなく、
人間の生きるはりあいや活力をもたらすホルモンでもあります。



女性のテストステロン分泌量

テストステロンは思春期までは男女の分泌量が同レベルです。
しかし思春期以降は分泌量に差が出始めます。

結果、女性に分泌されるテストステロンは男性の分泌量の1/10〜1/20で落ち着くことになります。

テストステロンは筋肉と骨を成長させる

成長期には骨、筋肉などが大きく成長します。
これに必要なのがテストステロンと成長ホルモン。

女性の筋肉・骨の成長にももちろんテストステロンは必要です。

テストステロンは生きる活力を保つ

テストステロンは男性的な働きを高める作用だけでなく、
気持ちのハリなど生きる活力を高める働きも持っています。


とても大切なテストステロンですが、20歳を境に減少し始めます。
そして加齢による減少に加えて、過度なストレスを受けることでもテストステロンは減ってしまいます。

このストレスが大きなものであれば、
驚くほど急激に減少してしまい自律神経失調症を発症してしまうこともあります。

また、過剰なダイエットやバランスの良くない食事もテストステロンを減少させてしまいます。


テストステロンの不足は生きる力を低下させてしまう原因の一つになり得ます。

しかし、加齢や様々な原因で不足し続けるテストステロンは、サプリなどで補充することができます。



Copyright(C) 2011 【テストステロン】効果・作用・副作用 Allrights reserved.